題名からイメージする♪

6月に入りました。
もうあちこちで紫陽花が咲き始めているのを目にしますね。

家の中は、ご父兄の皆さまにいただきましたバラやユリの香りが漂い、とても癒されています。

さて、発表会のプログラムの続きを事前にご紹介しようと思いながら、
自分の体調を優先して 書かずじまいになりました。
楽しみにしてくださっていた方には申し訳ございませんでした。


小学生までの子が多かったので、
なるべく題名からイメージしやすい曲を選曲しました。

"パリの〜"だと、写真でパリの街を見てみたり、
"いいことがありそう!" は、どんないいことか、
"悲しいワルツ"では、どんな事に悲しくなったのか、その後、どんな気持ちの変化が起こったのか、
"おやつの時間" って、どんな気分?
"おしゃべりオウム"って?
"どろんこあそび" で どう盛り上がってる?
糸を紡いでるって どんな音?
などなど…
題名から、そして、各フレーズから、
どのような変化が起こって行くかを想像する時間を心掛けました。

考えこんでなかなか 言葉が出てこない子には
私がヒントを投げかけたり、例えばだれと?、どんな場所で?…など、質問しました。

逆に、次々と説明し、
へぇ〜と、面白い意見を言われる子も結構いました。

"バースデーケーキ" の中に、
何か物憂げなメロディーが出てくるのですが、
お誕生日に、なぜそのようなメロディーが来るのかな…と尋ねると、

前の誕生日からの一年を思い返して、
こんな事やあんな事があったなぁって、しみじみ思っているんじゃないかな。

と、返ってきた時には驚きました。

大人ならまだしも、まだ一桁の歳の子供でそのような事を考えられるんですね!

そして、それを言葉にして説明出来る事にも感心しました。

普段のレッスンでも、
ラベンダーや、ロッキー(山脈)と出ればいい、その画像を、
バグパイプと出ればその音と映像を、
見たり聞いたりしています。

経験の無いものを想像するのは 難しいですね。

人との関わりが心情の想像に繋がり、
様々な経験が目や心の奥に刻まれ、引き出しになる、
言葉もまた想像力、

演奏に欠かせないものは、ピアノに向かう以前にあるように感じます。




生徒さんへ

6月までのカレンダーを更新しました。

藤沢市 Marie(マリー)ピアノ教室

フォロー・ブログ更新通知はこちらから

0コメント

  • 1000 / 1000