合同練習1回目♬〜秋を見つけて

10月9日は、秋の実りコンサートに向けて、一回目の合同練習を行いました。

♪ ハンドベル 3曲
♪ 「ピーターとオオカミ」のナレーション
♪ 秋の歌 

予想通り?、以上?  に、
ハンドベルは難航しました。

今回は人数が増え、一曲はメロディーと和音パートがあるので、レベルアップな内容になっています。

あと、3回の合同練習で仕上げるために、
何とかなる、なんとかする気持ちで策を練り、
3週間後の次の練習日には出来そうだ!と実感したいところです。

去年も1回目の練習の時には、果たして出来るのか…と 焦りを感じましたが、
当日はバッチリでしたので、
みんなの力を信じて 頑張ります!

ナレーションは、既にとても上手な子が何人かいました。
恥ずかしいな…と思っていた子も、
良い刺激を受けた様子です。
今回 最年少の年少さんの女の子が、お姉ちゃんと一緒にナレーションで、
アヒルのセリフを言い終わると、自然にみんなから拍手が起こりました。
その後にも、もう一人、小鳥の声をとっても上手に言ってくれた年中さんの女の子にも、お姉さん、お兄さん達から拍手が起こり、
そのような みんなの雰囲気をとても嬉しく思った瞬間でした。

そして、歌の練習の前に、
イメージ画像を見てもらいました。

真っ赤な紅葉やツタのはっぱ、
秋の山の風景、夕焼けの中の赤トンボ、
夕暮れ時のお寺のシルエット、
カラスウリやモズ…
それらの画像を出すたび、その場面の歌を皆んなが口ずさんでくれて、
いざ、ピアノと歌う時も 元気な歌声が部屋いっぱいに響きました♪

柵をよじ登って 蔓を引っ張り、カラスウリの実を取って喜んでいた小学生の頃を懐かしく思いながら、皆んなの歌声を聞いていました。

これを期に、子供達が、実際の秋の風景の中の色づく木々、夕焼けの空、
体に感じる空気の変化……など、
歌の中の場面と重ねてみることが出来るといいなぁと思います。
季節の移り変わりの中に、
自分の存在を実感する瞬間に出会えるかもしれません。

生徒さんへ

6月までのカレンダーを更新しました。

藤沢市 Marie(マリー)ピアノ教室

フォロー・ブログ更新通知はこちらから

0コメント

  • 1000 / 1000