profile

井上 真理

幼少よりピアノを始めました。
父親が転勤族であったため、
小学校は4校、中学入学時にも引っ越し、
それらの経験はその土地々の風景と共に深く心に刻まれました。
引っ越しの先々で素晴らしいピアノの先生との出会いがあり、
新しい環境の中で、ピアノを弾ける事が自分の糧になっていました。


音楽の道へ進みたいと本気で思ったのは中学の時、
多感な時期であることも重なり、
新しい曲との出会いは衝撃を伴う事が多くありました。
ちょうど、ショパンコンクールではブーニン・ブームが沸き起こり、
神童と呼ばれるキーシンの存在なども
ピアノに夢中になるきっかけとなりました。
ピアノでの大学受験を目指し、
先生に言われた事には非常に素直に取り組み、
大阪音楽大学、大阪教育大学の合格を果たしました。

後に、それまでで一番心配した生徒だった事を明かされ、

今も先生の熱心なご指導に感謝の気持ちでいっぱいです。


大学でも先生方始め、先輩方にも恵まれ、
貴重な経験をさせていただきました。
卒業後、
指導をしつつ、演奏活動を目指していましたが、
結婚、出産により、子育てに奮闘、
三人の娘たちがようやくそれぞれの道を歩み始めた近年、
徐々にピアノのレッスンに比重を傾け、現在に至ります。
歳を重ねるごとに、ピアノへの想いは更に強まり、
レッスンの向上、演奏の勉強に意欲を燃やす日々を送っています。