井上 真理

記事一覧(110)

得意なこと☆ピアノ!

昨日は藤沢駅近くで、世界一長い金魚すくいのコーナーが設置されて、生徒さんがいってらしたそうです♪私もお祭りと言えば金魚すくい、上手な従兄弟のお兄ちゃんと行くのを毎年楽しみにしていました。明日は鎌倉の花火大会、夏本番ですね。さて、前回、健気な努力で想い叶って伴奏者になられた女の子の事を書きましたが、他にも、これから伴奏をされる生徒さんが二人、そして、1学期の音楽会の合奏でピアノを担当された生徒さんもいらっしゃいました。そして、嬉しいお話が更に♪今教室の生徒さんが3人同じクラスになってらっしゃるのですが、1学期の終わりに開かれたクラスのお楽しみ会で、3人ともピアノを弾かれたそうです(^^)ピアノといっても、教室にあるのはオルガンなので、1人の生徒さんは鍵盤が足りなかったらしいのですが、女の子と男の子2人、それぞれ、今レッスンでしている曲、丸になったばかりの曲、5月の発表会での曲を披露されたそうです♪こうして、何か自由に発表する場で、よし!ピアノにしよう!と思える前向きな気持ち、いいですね!3人とも、日頃から頑張ってらっしゃるので、自分はこの曲を!と、すぐに決められる自信も備わっているのだと思います☆高学年になってのクラブ活動で、ピアノが好きな子が集まって音楽クラブを作っちゃったという、嬉しいビックリ!なお話もありました。学校の休み時間に お友達とピアノを弾いているというお話も聞いています。習ってるけど自分は…と、引っ込んでしまうのではなく、わいわい言いながら教えてあげたり教えてもらったりしている時間、それこそ音楽を通じてのコミュニケーションですね♪そんな風に、生徒さん達が、自分の活動の中でピアノが生きているお話を伺えと いいね!いいね!と、益々張り切ってレッスンしたくなります(^^)

鎌倉ジュニアオーケストラ定期演奏会

全国各地、猛暑日が続いております。今日から夏休みに入られた生徒さんが、多いようですね。暑さ対策をされながら、逞しく、伸び伸びと夏を満喫してくださいね♪さて、夏のイベントの一つ、鎌倉ジュニアオーケストラの皆さんの定期演奏会のご案内です。メインプログラムは、チャイコフスキー作曲の《くるみ割り人形》。12月に開催する、教室のクリスマスコンサートでも、《くるみ割り人形》をしますので、タイムリーです!もうご参加を決めてらっしゃる生徒さんには特におススメ♪そうでない生徒さん達も楽しめる音楽ですので、是非ご検討くださいね。この猛暑の中、ジュニアの皆さんが、合宿もされながら音楽作りに励まれます。そんな、燃えるものがあるって 素敵ですね。レッスン室にチラシを置いていますので、ご希望の方にはお渡しできます。お声掛け下さいね。〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜鎌倉ジュニアオーケストラ第35回定期演奏会8月23日(木) 13:30開場   14:00開演鎌倉芸術館大ホール入場無料🎵チャイコフスキー作曲    バレエ組曲くるみ割り人形🎵ヴェルディ作曲    歌劇ナプッコ序曲他〜〜〜♪〜〜〜♪〜〜〜☆クリスマスコンサートの参加者も引き続き募集中です。来年は、ピアノの発表会のみになりますので、今回迷ってらっしゃる生徒さん、是非ご一緒に素敵なクリスマスを過ごしましょう(^^)7月30日まで受付中です♪

今年もクリスマスコンサートを開催します

このところ各地で地震や大雨、自然災害が起こっていますが、皆さまご無事でお過ごしになれますように。これから夏本番というところですが、教室では12月のクリスマスコンサートに向けて準備を始めます。個人レッスンの枠を越えて、教室の生徒さんたち一丸となって作り上げるコンサートです。クリスマス間近な休日に、クリスマスの音楽で、素敵なひと時を皆様と過ごしたいと思っております。以下、教室の皆様へ〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜日時:12月16日(日)         午前 リハーサル        午後 本番場所:スタジオ ベルソー(茅ヶ崎駅徒歩3分)合同練習日: ①10月28日(日)                   ②11月3日(土祝)                   ③11月18日(日)                   ④12月2日(日)                   ⑤12月9日(日)の中で 参加可能人数で検討し、4回で行います。 *時間:15:30〜18:00予定  *合同練習会場:レッスン室、マンション内ホール(ホールを借りる状況により、変更の可能性あり)参加費: 12,000円/お一人☆プログラム🎵クリスマスソング🎵ハンドベル🎵ピアノ演奏🎵くるみ割り人形をナレーションとピアノ連弾*ご希望の演目でご参加いただきます。☆お申込み日: 7月9日(月)〜7月30日(月)〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆〜〜〜〜☆お申込み☆メール、又はLINEにて⑴お名前⑵ご希望の演目⑶合同練習参加可能日 ①10/28 ②11/3 ③11/18 ④12/2 ⑤12/9 番号でお知らせ下さい。 (合同練習可能日が少ない生徒さんはご遠慮願います。)ホールが100席ですので、ご希望の人数が多数の場合は、ご家族5名で可能人数を検討し、可能人数枠になった時点で締め切りとさせていただきます。お申込みをお待ちしております♪

中井正子さん ピアノリサイタル

6月17日に、東京文化会館小ホールにて、中井正子さんの"ピアノリサイタル、演奏活動40周年、ドビュッシー没後100年記念" が開催されました。著書である「パリの香り、夢見るピアノ」を読んで以来憧れのピアニストで、偶然にもカワイ表参道でピアノ講座があることを知り、間近で中井先生の講座を受ける機会に巡り会いました。講座の中で惜しみなく素晴らしい演奏をしてくださいますが、17日はリサイタルでの演奏を初めて聴ける機会でした。門下生の方々で結成されたラ・ミューズの会が企画されたリサイタル、全国の中井先生の講座会場でもご案内され、チケットをご丁寧なお手紙と一緒にお送りくださったりと、中井先生への感謝のお気持ちを随所に感じておりました。早々にチケットは完売で、当日は多くの方々がリサイタルを楽しみに私が到着した40分前には既に大行列ができていました。プログラムは、耳に馴染んでいる初期の作品に始まり、後半は後期の円熟した作品で、おそよ100年前のパリのサロンでドビュッシーが弾いていた…と、思いを巡らせながら聴き入っていました。優雅で、時に冗談まじりに、何かのシーンを切り取った絵画を思わせる、そして、普通の人には聞こえない倍音を聴くことが出来たドビュッシーの独特の響き、そういったものを 一つ一つ再現されるような、美しく素晴らしい演奏でした。これまで、特に晩年の作品は、よく分からないモヤモヤ感がありましたが、先生の講座のお陰で、この日のプログラムをより一層楽しめたように思います。大きな拍手に迎えられアンコールに応えられる時に、講座で見せてくださるチャーミングな先生に戻られ、最後は両手で手を振って 舞台袖に戻って行かれました♡娘と孫が退院してくる日と重なりましたが、今日を逃すと後悔する!!と思い、思い切って聴きに行けて良かったです。

題名からイメージする♪

6月に入りました。もうあちこちで紫陽花が咲き始めているのを目にしますね。家の中は、ご父兄の皆さまにいただきましたバラやユリの香りが漂い、とても癒されています。さて、発表会のプログラムの続きを事前にご紹介しようと思いながら、自分の体調を優先して 書かずじまいになりました。楽しみにしてくださっていた方には申し訳ございませんでした。小学生までの子が多かったので、なるべく題名からイメージしやすい曲を選曲しました。"パリの〜"だと、写真でパリの街を見てみたり、"いいことがありそう!" は、どんないいことか、"悲しいワルツ"では、どんな事に悲しくなったのか、その後、どんな気持ちの変化が起こったのか、"おやつの時間" って、どんな気分?"おしゃべりオウム"って?"どろんこあそび" で どう盛り上がってる?糸を紡いでるって どんな音?などなど…題名から、そして、各フレーズから、どのような変化が起こって行くかを想像する時間を心掛けました。考えこんでなかなか 言葉が出てこない子には私がヒントを投げかけたり、例えばだれと?、どんな場所で?…など、質問しました。逆に、次々と説明し、へぇ〜と、面白い意見を言われる子も結構いました。"バースデーケーキ" の中に、何か物憂げなメロディーが出てくるのですが、お誕生日に、なぜそのようなメロディーが来るのかな…と尋ねると、前の誕生日からの一年を思い返して、こんな事やあんな事があったなぁって、しみじみ思っているんじゃないかな。と、返ってきた時には驚きました。大人ならまだしも、まだ一桁の歳の子供でそのような事を考えられるんですね!そして、それを言葉にして説明出来る事にも感心しました。普段のレッスンでも、ラベンダーや、ロッキー(山脈)と出ればいい、その画像を、バグパイプと出ればその音と映像を、見たり聞いたりしています。経験の無いものを想像するのは 難しいですね。人との関わりが心情の想像に繋がり、様々な経験が目や心の奥に刻まれ、引き出しになる、言葉もまた想像力、演奏に欠かせないものは、ピアノに向かう以前にあるように感じます。

発表会は晴れ舞台♪

発表会を終えて、生徒さん達はどの様に過ごしてらっしゃるでしょう…モチベーションが上がって 翌日から練習に励んでらっしゃるご様子や、次の曲について質問を受けたり、今後の予定についてご相談があったり。この発表会に向けての練習で、ピアノへの気持ちを持ち直した生徒さんもいらっしゃいましたし、燃え尽きてしまわずに、気持ちを次へと繋いでいて貰えると良いなぁと思っています。自分の出番が終わっても、最後まで残って興味深く聴いてらした生徒さんもいらっしゃいました、お友達の出番になると、前の席へ移動してニコニコと聴いている子達の姿、お辞めになった生徒さんがお母様と聴きに来てくださっていたり、そして、長年 発表会の度に生徒さんの応援に来てくださっているお友達のお顔も見えました。舞台では、聴いてくださる人が居るからこそ頑張れます♪今回、ご出演者が多く、ご家族ご親戚の方々だけでお席がいっぱいになりそうでしたので、敢えてお友達へのお誘いを私からお願いすることはしませんでしたが、2部3部まで沢山の方々が拍手をお送りくださいました。一生懸命練習してきて、さぁ、本番で、疎らな拍手ほど寂しいものはないと思います。とても上手に弾けた子にも、引っかかってしまった子にも、温かい拍手を送ってくださいました。心で聴いてくださった皆様に感謝致します。生徒さん達の頑張りと、その様な温かい気持ちに支えられ、晴れやかに行う事ができました。発表会は晴れ舞台、大きなコンサートグランド、ホールの響き、沢山の方々に見守られ、 ここで弾ける、ここで弾けた、という喜びを感じていただけていたら嬉しいです。